気候変動問題への取り組み(TCFD提言に基づく報告)

気候変動問題への取り組み(TCFD提言に基づく報告)

 当社グループでは、気候変動は世界が直面している重大な課題であると認識し、GHG排出削減に向けた施策の推進など、気候変動に関する取り組みとTCFD提言に沿った情報開示の継続的な改善を行い、企業価値向上に努めてまいります。


気候変動対応ガバナンス
 当社グループは、気候変動に対応する重要課題(リスクと機会)を認識し、長期計画を策定・実行することにより持続可能な成長を実現いたします。
 サステナビリティ委員会は代表取締役社長を議長とし、議長の指名する取締役(独立社外取締役を含む)、執行役員によって構成されます。サステナビリティ委員会では、気候変動対応を含む重要課題(リスクと機会)に関する長期計画の策定、KGI/KPIの進捗管理などを行っています。
 サステナビリティ委員会で審議された気候変動対応活動を取締役会に報告し、取締役会による審議を行う仕組みとしています。

サステナビリティ委員会の構成 Chart

 S

戦略

気候変動関連のリスクと事業機会

 当社は、気候変動を含む将来の社会課題に関する事業機会とリスクを特定しました。事業機会としては、気候変動を含む社会課題の解決に貢献するソリューションを人々が生活する上で必須となる領域(Essential領域)において提供することで、事業規模の拡大、収益力の強化を進めます。
 気候変動に関して、特にインパクトが大きいリスク(移行リスク)として、「原材料価格・電力価格上昇による事業コストの増加」や「プラスチック廃棄物処理コストの増加」、「内燃機関関連製品需要の減少」を想定しています。
 また、物理リスクとしては「大規模自然災害」を想定しており、被害の最小化と事業継続性の確保を進めます。

区分 マテリアリティ リスク 事業機会 時間軸
移行リスク 気候変動に伴う原材料価格・電力価格の上昇 原材料価格・電力価格上昇による事業コストの増加 生分解性樹脂材料の開発とリサイクル材の積極的な活用 中期
プラスチック規制の強化 プラスチック廃棄物処理コストの増加 樹脂材料使用を減少させる設計や金型の開発を促進 長期
モビリティの電動化 内燃機関関連製品需要の減少 電動モビリティ用製品需要の拡大 長期
物理リスク 大規模自然災害 気象災害、特に洪水などによる自社工場被害やサプライチェーンの分断による工場操業停止 水・食料供給関連事業の拡大(殺菌、検査、点滴潅水) 長期


シナリオ分析と気候関連リスク及び機会が財務計画に及ぼす影響

 当社が上記戦略を行うにあたり、気候関連リスクや機会がビジネス・戦略・財務計画に及ぼす影響や2℃および4℃シナリオにおいて、Essential領域への事業ポートフォリオ変革を行うことによる持続的な成長が実現できるか検証を進めていく予定です。
 各シナリオは国際エネルギー機関(IEA)の「World Energy Outlook2021」や気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の「第6次評価報告書(AR6)」、日本政府が公表している資料等を参考とし、TCFDが推奨する「気温上昇を2℃以下に抑えるシナリオ」を含む複数のシナリオを検討しております。
 以下2つのシナリオを自社シナリオと想定し、今後財務計画に及ぼす影響を検証してまいります。

シナリオ 内容 参考とする外部シナリオ
2℃以下シナリオ 気候変動に対する規制や政策が強化され、気温上昇が2℃以下となるシナリオ AR6(IPCC): SSP1-1.9、SSP1-2.6
World Energy Outlook2021(IEA): NZE、SDS
4℃シナリオ 気候変動対策が十分になされず、産業革命前の水準からの気温上昇が4℃程度となるシナリオ AR6(IPCC): SSP3-7.0、SSP5-8.5

 ※参考とする外部シナリオ
 SSP1-1.9: 持続可能な発展の下で、気温上昇を1.5℃以下に抑えるシナリオ
 SSP1-2.6: 持続可能な発展の下で、気温上昇を2℃未満に抑えるシナリオ
 SSP3-7.0: 地域対立的な発展の下で、気候対策を導入しないシナリオ
 SSP5-8.5: 化石燃料依存型の発展の下で、気候政策を導入しない最大排出量シナリオ
 NZE(Net Zero Emissions by 2050 Scenario):地球の気温上昇を1.5℃に抑え、その他のエネルギー関連の持続可能な開発目標を達成するための、狭いながらも達成可能なシナリオ
 SDS(Sustainable Development Scenario):クリーンエネルギー政策と投資が増加し、エネルギーシステムはパリ協定を含む持続可能なエネルギー目標と、エネルギー・アクセスと大気汚染に関する目標を達成する軌道に乗るシナリオ

リスク管理
 当社は、グループ全体のリスク管理について定める「総合リスク管理規定」を制定し、経営直轄型のリスク管理体制構築を目的とした総合リスク管理委員会を設置しております。総合リスク管理委員会は想定されるグループ全体のリスクに関し事前に察知し、未然に防ぐ施策及びリスク発生時に影響を最小限に留めるための施策を行うこととしております。その中でも気候変動リスクは、今後中長期的にさらに広がることが予想されるリスクとして認識しており、事業戦略への影響や適切な管理方法の検討を図ってまいります。

指標と目標

リスクと機会を評価する指標と目標

 気候変動対策の進捗を測る指標として、 「Essential売上比率」 、「GHG排出量の削減割合」、「樹脂材料購入量の削減割合」、「樹脂材料のリサイクル比率」、「Essential売上比率」を設定し、中期目標を掲げ、毎年進捗を評価していきます。

KPI 2021年度実績 2025年度目標
Essential売上比率 60% 75%
GHG排出量原単位
GHG排出量/売上高(t/百万円)
原単位: 0.6t 原単位: 0.5t
樹脂材料廃棄率
廃棄量/投入量
4.7% 4.0%

Scope 1~3の温室効果ガス排出量
 Scope1及び2の実績につきましては、 「Environment(環境)」のGHG排出量を参照ください。Scope3については、今後データ整備を進めてまいります。