社員座談会

2016年2月15日実施

様々な部署で活躍している若手社員を中心に、それぞれの仕事内容について、当社に対する想いを本音で語ってもらいました! 会社説明会など限られた時間の中では当社の雰囲気をすべて伝えることは出来ないため、当社の理解を深めてもらえたら幸いです。

トークイメージ

  • Oさん 入社1年目 グローバル人事推進グループ
    ◆採用担当新卒採用業務
  • Kさん 入社3年目 オプトデバイス事業グループ
    ◆お客様の製品の設計、解析から量産から立ち上げまでの業務全般
  • Hさん 入社2年目 東アジア営業部
    ◆営業サポート

Q. 仕事に対してのやりがいについて

トークイメージ

K 入社後の最初の業務は、担当しているお客様から名前を覚えてもらうところからスタートしました。当時は私宛に直接連絡をいただけることがなかなか無かったのですが、やりとりを重ねていくうちにお客様から私宛の連絡をいただけるようになり、お客様が困った時には相談していただけるまで信頼関係が発展しました。お客様の困りごとへの対応について『感謝』をしていただけるというのが私のやりがいです。

H 私はお客様と直接会う機会がほとんど無いのですが、営業の方の代わりにメールや電話で、納期連絡や見積書作成から提出までを担当しています。サポートする側では、あまり表に出る機会はないのですが、営業の方から業務について感謝されると役に立っているんだな。と実感でき、それが私のやりがいにつながっています。

O 採用業務を担当しており、学生の皆さんと関わる機会が多いです。学生の皆さんは企業訪問時は緊張していますし、みんなの前では聞きづらいことも多々あるかと思います。私自身、学生の皆さんと年齢が近いということもあるため、極力学生の皆さんに近い立場でフランクに話をするように努めています。そうすることで、「話を聞けてよかったです」と学生の皆さんに感謝されることが私のやりがいにつながっています。

Q. 入社前と入社後の会社のイメージの変化について

トークイメージ

K 海外にお客様を持っているグローバルな部分とプラスチック製品を作っている会社というイメージがありました。私は化学科出身でしたので、どういう仕事に活かせるのかと考えていました。実際にエンプラスに入社してみるとやっている業務はCADや解析等があり、新しく学ぶ事も多く、研修制度を利用して積極的にセミナーへ参加することも出来るため、業務の中で自分のやりたいことを見つける事が出来、自分自身が成長していける場であると感じています。

H 私は文系出身なので、製品を作ることは出来ませんが、昔からものを作ることが好きだったため、ものづくりのサポートがしたいと思い、入社をしました。具体的な業務や職種などは、漠然としたイメージしかありませんでしたが、実際に入社し、営業アシスタントとして従事し、間接的ですが、技術の方が設計したものから、お客様に製品を届けるまでを営業のサポート業務を通じて、貢献できていることを実感していますので、あまり入社前と入社後のギャップというのは感じていません。

O 入社する前までは、技術系の方が多いので、少し真面目な方が多い会社というイメージでした。しかし、仕事中以外の場所(会社行事等)でお会いするととても気さくな方が多く、良い意味でイメージの変化はありました。

Q. 今後の展望や目標について

トークイメージ

K 今後は、業界や製品について積極的に勉強をし、市場で何が求められているのか、お客様がどんなものが欲しいのか等のニーズを自分で考えながら感じ取れるようになり、新しい製品を自分で開発してお客様へ提案できるようになりたいと思っています。

H アシスタントの仕事を始めて一年半ほど経つのですが、例外の内容と処理方法などわかないことも多く失敗する事もあるため、先輩方の仕事に対する姿勢を教えていただきながら、先輩方のようにお客様から信頼され仕事を任せてもらえるように、また細かいところに気がつくアシスタントになりたいと思っています。

O 業務や会社についてわからないことが多いので、自主的に勉強し、学生の皆さんに頼られるような採用担当者になりたいと思っています。

Q. 働きやすさについて

K 女性の働きやすさという視点ですと、担当しているお客様はほとんど海外ですが、海外では女性のエンジニア方も多く、やりとりする中で全く違和感はありません。また、私の働くオプトデバイス事業グループでは、女性のエンジニアが他にも在籍し、営業でも女性の方で活躍している方もいるので、そういった意味ではとても働きやすい環境が整っていると感じます。

H 長く働いているベテランの方がとても多く、細かい業務を的確に教えていただけるので、仕事がとてもしやすい環境になっています。また、むつみ会という様々なイベントを企画運営行なう福利厚生の一貫の活動があり、関わりの少ない人とも積極的に交流する機会が出来たので、社内でのコミュニケーションがより円滑になり、さらに仕事もしやすくなっています。

O 入社当時はわからないことだらけで先輩方にたくさん質問をしていたのですが、質問に対して一つの回答ではなく、様々な視点から回答をいただけることも多く、自分自身の成長の加速につながっていると思います。また、1ヶ月に2回リフレッシュデー(一般的なノー残業デー)というものがあり、その日は皆で定時には帰る!という社員全体の心がけも社内で見受けられるのでとても良い環境だと思います。

トークイメージ
トークイメージ
トークイメージ